チトセ引越センターで2回お引っ越し(口コミ・ノウハウ)

 

引っ越しは、過去、チトセ引越センターにて2回ほどしておりますが、まずは引っ越し2、3か月前からゴミを捨てていくことは、やっておいた方が良いと思います。

 

市町村によっては月に一度しか出せないゴミもありますので、引っ越しが決まった時期から捨てられる物は捨てていくことをお勧めします。

 

次にタンスや押し入れの整理です。

 

使わないもの等は段ボールなどに入れて段ボールに○○と大きくペンで書いて分かりやすくしておくのもポイントです。

 

段ボールの上と横に書いて置けば積み上げて置いても見やすいと思います。

 

あとは引っ越し2、3日前になったら割りばし、紙皿、コップ、ペットボトルのお茶などを用意しておくとわざわざお皿やコップを洗わずに済むのでキッチン周りも片付けておけます。

 

後は電子レンジ、ケトル、ポット辺りは最後の最後まで置いておくと温めたり、温かいものを飲めるので良いと思います。

 

冷蔵庫は前日辺りにはコンセントを抜いておかなければならないので、夏場ならクーラーボックスもあった方が便利だと思います。

 

良くみなさん忘れやすいのが包丁らしいです。

 

これは引っ越し業者さんから聞いたお話ですが、、。

 

とにかく早め早めに使わないものは片付けておくことが一番です。

 

また、住みたくないと思う場所というのをあらかじめ設定しておくと引っ越し先の選択ミスが防げます。

 

私は汚い感じの場所は避けるようにしています。

 

例えば田園都市線沿いの、溝口や高津駅のあたりです。

 

以前、二子玉川駅から次の駅、高津まで橋を渡って歩いていった事があるのですが、その時見えたマンションや家の汚さに驚きました。
溝口駅周辺には不良の青年らしき人達が頻繁にたむろしていたり、ホームレスのような人がいたりするので夜出歩くのには適さない街だと思いますし、環境が汚れているぶん住んでいると心がすさんでしまいそうなので、住みたくないと思います。

 

チトセ引越センターで引っ越し後・・・

チトセ引越センターで今の家に引っ越してからの話です。

 

その時から隣家の猫が我が家の裏庭を通りみちにしていることは知っていましたが、当時は猫が通過するだけなら別に問題はないと思っていました。

 

チトセ引越センターに関するノウハウをお伝えします

当初、我が家の裏庭はコンクリートのタイル張りで猫が通っても何ら問題はなかったのですが、2年ほど前に数カ所のタイルを外して土を入れ、花壇を作りました。

 

するとその花壇の土のところで猫がウンチをするようになってしまいました。

 

一度や二度ではなく、かなり頻繁にウンチをするようになり、夏場になると匂いがひどく、さらにハエがたかるようになって困っていました。

 

もちろん見つけるたびに捨てていましたが、猫自身がそこをトイレだと思っているのか、処理しても何度も戻ってきます。

 

旅行等で数日家を空けた時は必ず猫のウンチがあり、うんざりな気持ちになりました。

 

隣家のご夫婦にこのことを話そうかとも考えたのですが、我が家でウンチをしている猫が隣家の猫だけであると断定することができませんし、ご近所と険悪になったり、問題になるのは困るので、この猫問題について隣家の人と直接話をしたことはありません。

 

ただ、猫がそこでウンチをしないように工夫はしています。

 

猫除けの薬剤を撒いてみたり、花壇の植物の隙間に大きめの石を置くなどして工夫しています。

 

また、猫が踏んで荒らしてしまうような小さなお花や植物は植えないようにし、低木を植えています。

 

小さな花などはプランターや植木鉢を用いるようにして、花壇の土の露出部分を減らしたことでウンチをすることがほとんどなくなりました。
現在も猫が我が家の庭を通りみちにしているので、猫がしょっちゅう来ていますが、ウンチをしないなら特に問題だとは思っていません。

更新履歴